国立大学法人 北海道教育大学
国立大学法人北海道教育大学保健管理センター
保健管理センター>利用方法

利用方法


北海道教育大学保健管理センターでは大学生の皆さんに
『自分の健康は自分で守る』
という意識を持ってもらうため様々なお手伝いをしています。

ホケカンってこんなところ

 大学内での「ケガ」や「病気」に対して応急処置をします。また,医療を必要とする場合には,適宜病院を紹介しています。体の具合が悪いときには休養できるようベッドが備え付けてあります。大学の「保健室」としてご利用ください。

健康診断(定期健康診断・臨時健康診断)

 定期健康診断は毎年4月の間に内科健診,X線撮影,身体計測,血圧測定,尿検査等を実施します。健康診断の受診は疾病の予防・早期発見のためにとても重要です。またその結果をもとに正しい治療に結びつけるまでが健康診断です。保健管理センターでは皆さんに自分の健康状態を知り常に自分のからだに関心を持ってもらえるようにしっかりとみなさんをサポートします。
 大学生の皆さんは,毎年忘れず健康診断を受けること保健管理センターからの呼び出しに来室することを必ず守ってください。

健康診断を受けていないと…
 未受診の場合,就職活動・進学・教育実習・介護実習・留学の申請・サークルにおける試合の申請に必要な「健康診断証明書」の発行が出来ません。毎年必ず受診してください。
 また,定期健康診断のほかにも各種体育大会出場時,合宿参加前等必要によって臨時健康診断を実施しています。

「健康診断証明書」の発行

 定期健康診断の記録に基づいて就職・大学院進学時等の健康診断証明を発行します。未受診者には発行できません。健康診断は必ず受診しましょう。

その他にもこんな時,迷わずホケカンをご利用ください。

 最近こんな症状が気になる,何科を受診したらよいかわからない,病気について知りたいなど,体の健康について相談したいとき…健康相談をご利用ください。
 
 保健管理センターには専任の,各分室には嘱託の医師がいます。また各分室の看護師も皆さんの健康相談を担当します。皆さんの健康に関する悩み・不安を少しでも早く取り除けるよう,最善の方法を考え,適切な処置が受けられるように支援します。また,皆さんが自分の健康状態を把握して日々の生活を健康の保持・増進へとつなげていけるように情報の提供やアドバイスを行っています。

 悩みがある,眠れない,授業に出られないなど日常・大学生活での心の健康について相談したいとき …心理相談をご利用ください。

 保健管理センターには専任の,各分室には嘱託のカウンセラー(臨床心理士)がおり,皆さんが大学生活の中で出会う様々な問題について相談することができます。カウンセリングは人間誰もが感じるストレスや悩みを相談し,その問題の解決や自己理解を深めるための援助をする場所です。カウンセリングというと堅苦しく考えがちですが,一人で悩まずに自分を癒してもらえる場所であるカウンセリングを気軽に利用してもらいたいと思っています。

カウンセリングについて詳しく知りたい人はカウンセリングQ & Aをご覧下さい。

保健管理センター各分室からもテレビ電話によってセンター専任の医師・カウンセラーに健康相談・心理相談が出来ます。各分室の看護師に予約を申し出てください。

ダイエットを始めた,視力が落ちてきた気がする,身長のチェックをしたいなど自分の健康をチェックしたいとき…保健管理センターにある各種計測器具をご利用ください。

 保健管理センターには身長計,体重計,体脂肪計,血圧計,肺活量計,握力計,視力計,聴力計等の機能測定用具及び健康に関する資料をそろえています。各自の体力測定や健康状況の把握に役立ててください。また,測定の結果に関してはいつでもスタッフが相談にのります。

 お気軽にご利用ください。
トップページに戻る  前のページへ戻る  ページの先頭に戻る
北海道教育大学保健管理センター| 〒002-8501 札幌市北区あいの里5条3丁目1-3|TEL011-778-0298/FAX011-778-0636
COPYRIGHT © 2013 北海道教育大学保健管理センター all rights reserved.
ページの先頭へ
前のページへ戻る
トップページに戻る