メインイメージ

HOME > 在学生の声

在学生の声



八鍬 怜太郎


 私は現職の先生や実務家教員の方々とともに学び、「現場の目」を自分の中に取り入れることのできる教職大学院の環境に魅力を感じ入学しました。
 日々の講義において具体的な事例や経験を題材に学習することで、実践的で学校現場に即した視点で物事を捉える力が身についてきたと実感しています。また同時に、改めて「理論」の重要性を理解することもできました。
 教職大学院での2年間を通して知識を蓄え専門性を高めながら、それらを実践の場で的確に使いこなせる教員を目指していきたいと思います。

( 函館校1年 ストレートマスター )



木挽 ひろみ

 「理論と実践の往還」、これが私の教職大学院に最も魅力を感じた言葉です。
 大学院では新たな理論や指導法だけでなく、自分自身の実践を客観的に検証することができます。また、ストレートマスターに現職教員として指導、助言することが多いのですが、熱心に理論研究をしている彼らから学ことも多々あります。
 常に温かく私たちを見守り、的確な助言・指導を下さる大学院の先生方の下、院生同士、切磋琢磨していきたいと思います。

( 札幌校1年 中学校勤務 )



佐藤 義人

 自身の実践を振り返ることが少なかった私にとって、この教職大学院での学びは大変有意義なものとなっています。
 講義の内容は、教授による講義と、現役、ストレートマスターの院生との議論、さらには他キャンパスの院生との交流が中心です。教職大学院は、自分にはない新しい視点、価値観等、多様な見方・考え方に触れ、自己を省察することで、教師としての力量を高めることにつながる環境です。この学びを子どもたちのために自身を持って還元できるよう、院生同士切磋琢磨し合い、努力していきます。

( 釧路校1年 小学校勤務 )



髙橋 賢祐

 教職大学院では、教職に関する考えや理論を、議論や実践を通してより深く見つめることができ、日々充実した生活を送っています。
 授業では、教授や現職の教員の方々の理論や実践報告を基に、グループ討議を行います。グループ討議では、他の院生方から、自分にはない見方や考え方を取り入れることができ、授業のたびに自分の考えが広まります。授業で得た自分の理論を、教育実習で実践することで、自分の理想の教師像に近づくことができます。
 日々、交流から得た知見を基に日々新たな課題に向き合い、自分の理想の教師像に大きく近づけるように励んでいきます。

( 旭川校1年 ストレートマスター )



中村 啓子

 学校現場で20年以上教師を続けてきましたが、この教職大学院での学びは、自らの実践を省察することができ、目から鱗が落ちるようでした。理論が全く無い実践がいかに脆弱であるかを痛感させられました。
 各キャンパスからの実践や意見交流などを通して、北海道の教育を考えたり、異校種間連携の必要性を感じたり、様々な視点での学びを深めることができました。
 現場が抱える課題に向き合い、子どもたちの健やかな成長を支える地域の学校づくりに寄与していけるように、これからも学び続けていきます。

( 函館校1年 小学校勤務 ) 



渡辺 達樹

 教職大学院の講義の中で「理論と実践の往還」という言葉をよく耳にします。まさに現在常にそれを実感することができ、入学して本当によかったと思っています。
 日々の講義やゼミ活動を通して学んだことを普段の勤務や実習などで実践することができ、一日一日が本当に勉強になる毎日を送っています。自分の課題や無力さを痛感させられることが多いですが、院生の仲間や先生方に支えていただき、少しずつ自分の資質能力の向上や視野を広げることができていると実感しております。
 現場に出た時に即戦力になれるよう、一日一日を大切にこれからも日々精進していきたいと考えています。

( 釧路校2年 ストレートマスター )



村岡 一毅

 「教職について幅広く勉強がしたい。」「自分が好きな算数科についてもっと理解を深めたい。」そういう思いをもって教職大学院にきました。日々の講義を通して理論を学び、十分な実習期間を通して実践していく。その中で教職に求められる力が育まれていくことを日々実感しています。また、大学院での生活では現職の先生方とふれあい、経験豊富な先生方から多くのことを学ことができます。教職大学院における学びを財産とし、学校の即戦力として活躍できるよう、今日も研鑽に励みます。

( 札幌校2年 ストレートマスター ) 



三角 泰彦

 「よい理論ほど実践的である」という言葉がありますが、私にとってこの言葉は教職大学院での学びを言い表しているように思います。講義やゼミでは、学術的観点からだけではなく実践的な観点も交えて授業・演習を行います。さらに、専門的な理論を学ぶことによって、学校の現状や常識と言われるものを深く理解し、疑問を抱き、様々な視点から課題を検討できるようになったと感じています。
 学校現場に戻った今、色々な考えに柔軟である一方、一貫した自分自身の理論を持って学校課題の改善を図れるよう努力したいと思っております。

( 旭川校2年 中学校勤務 )