メインイメージ

HOME > 在学生の声

在学生の声

   



松田 航


 函館校の一期生として入学し、附属中学校での実習や大学院での学びから理論と実践の往還に努めてきました。学部の時とは異なり、教員免許を持っているため、実習校の先生方に一人の教員として扱っていただき、深く踏み込んだ指導を受けることができました。二年目になり、函館市内の公立中学校で二カ月半の実習を行っています。実習では、授業開発や生徒指導、学級経営など、実践を通して学んでいます。修了に向けて、この実践的な学びと大学院での研究を続け、よい実践ができる教師になりたいと思っています。

( 函館校2年 ストレートマスター )

 



廣瀬 崇

 教職大学院は、 「講義を聞いて学ぶ」ことが多いと想像していましたが、実際は「講義をヒントに自分のこれまでをふりかえることで学ぶ」ことが中心です。また、講義での交流の場面では、現場を一歩離れることで、現職、ストレートを問わず先入観や利害関係なく交流ができ、自分の中での捉え方の変化も感じ取ることができています。教職大学院での学びは、自分のこれまでとこれからを繋ぐ、非常に有意義な学びの場だと感じています。

( 札幌校1年 中学校勤務 )

 



木須 千明

 教職大学院での学びは、「なんとなく」使っていた言葉や行っていた実践が「自信」に変わるものだと感じています。最新の教育理論を学び、自己を省察することで課題が明確になり、子どもの実態に応じて自信を持って教育活動を行えるようになります。講義の度に新たな発見があり、社会人になってからもわくわくすることがあると知りました。教職大学院は、最新の教育理論、様々なゲストによる実践発表、他キャンパスを含めた院生同士の議論によって教師の資質能力を高められる環境です。今後も熱心に教えてくださる大学院の先輩方の下、理論と実践を結びつけながら学びを深め、現場の子ども達へ還元していきたいと思います。

( 釧路校1年 中学校勤務 )

 



八木 望

 私は、他大学から教職大学院に入学しました。入学当初は、新しい環境への不安が多かったのですが、学部から来ている同期の院生に助けられ、教育に対して真剣に向き合うことがきる日々は、とても充実しています。
 教職大学院では、ストレートマスターと現職の院生が一緒に講義を受け、グループ討議などを通して交流します。現職の院生の持つ、現場の支店は、私たちに新たな知見を与えてくれ、学びが深まります。講義で得た理論を、実習で実践することによって、「理論と実践の往還」がなされ、自分の理想の教師像に近づくことができます。
 教職大学院での2年間を通して、教員としての専門性を高めながら、高度な実践力を身に付け、将来現場で活躍できるよう、院生同士、切磋琢磨していきます。

( 旭川校1年 ストレートマスター )

 



溝口 仁志

 「学び直しをしたい。」この思いを叶えてくれるのが教職大学院です。確かな理論を学ぶことで、今までの実践の裏付けや現場で実践したみたいという動機になっています。他キャンパスの方と教育課題についての議論により、多角的な見方が養われます。学校改善力高度化コースでは学校経営という視点から学校を俯瞰した実習が可能です。現場から一歩引いて客観視できるのは教職大学院ならではの魅力でもあります。今までの実践の省察と新たな知見の獲得、そして現場で生きる実践力の向上を目指す教職大学院で学ぶことの価値を実感しています。

( 函館校1年 小学校勤務 ) 

 



志藤 叡

大学院の講義では、他のストレートや現職の先生方と意見や考えを交えながら議論することで、現場の生の声や自分とは違った視点から教育課題や自己課題を捉えることができます。また、講義で得られた学びを、実習やボランティア活動等で実践することができ、学びが一層深まることを感じるとともに、充実した機会を与えられているのだと実感しています。現場で即戦力となれるように、得られた学びを大切にし、資質能力を高めていきたいと考えています。

( 釧路校2年 ストレートマスター )

 



勝沼 慎也

 教職大学院の講義で学ぶ理論は、実習生や時間講師として生徒に接する際にとても参考になり、さらにその経験を持ち帰り大学院で実践検討することにより、自らが深く理論と実践について学んでいることを実感しています。また教職大学院での生活を通して、経験豊富な現職派遣の院生の方々から多くを学ぶことができています。これまで以上に多様な見方や考え方、資質、能力を求められる学校現場において、教員になったとき少しでも生徒の力になれるために、毎日を大切に過ごしたいと思います。

( 札幌校2年 ストレートマスター ) 

 



河田 弘康

 自分一人だけの知識には限界がある。だからこそ物事を多面的・多角的に考えるためには、新指導要領で謳われている「主体的・対話的で深い学び」が必要であると私は常々考えています。
 教職大学院の講義では、院生一人一人が、これまでの教職経験に考察を加えたものをアウトプットし合います。その中で自己を振り返り、深い気付きが生まれるのです。私は、この大学院生活を通して、確実にスキルアップしていると感じています。今後も、「教員に必要な資質・能力」を高めていきたいと考えています。

( 旭川校2年 小学校勤務 )