北海道教育大学 前のページに戻る
アーツ&スポーツ文化複合施 HUG
HUGについて
建物について
開催中/次回のイベント・展示
過去のイベント・展覧会
施設案内
ご利用案内
予約状況・今後の予定
お問い合わせ
アクセス
リンク
アーツ&スポーツ文化複合施 HUG トップへ戻る
北海道教育大学
ご利用案内
カテゴリ一覧表示
1. 利用対象者
a. 学内利用者
 本学の役員、職員、学生、研究生、科目等履修生、特別聴講学生が以下の内容で使用する場合で、原則無料となります。

  (1)本学が行う教育研究
  (2)本学の主催又は共催する事業
  (3)本学学生によるゼミナール等の発表・展示等
  (4)本学の学内学生団体の活動
  (5)その他、上記に準ずるものとして管理責任者が認めた事業

b. 学外利用者
 上記学内利用者以外の使用者とし、原則有料となります。

【施設使用料】
  ・メインギャラリー…………7,100円(税込)
  ・サブギャラリー …………2,800円(税込)
  ・マイクロギャラリー………1,200円(税込)
  ※1日当たりの使用料

2. 申し込み方法
 申し込みは、使用予定日の1年前から可能です。申し込みの手続きをスムーズに進めるため、原則として、使用予定日の3か月前までに空き状況を確認し、仮予約をしてください。

a. 仮予約(原則、使用予定日の3ヶ月前まで)
 HUGの職員へ直接伝えるか、E-mailで「使用期間・使用希望会場・使用内容・使用責任者名・連絡先」を連絡してください。(電話では受け付けません) 
 使用希望期間に空きがあり、職員からの返信等で連絡が取れる状態が確認された場合、仮予約が成立となります。
※ E-mailによるお申し込みの場合、ドメインの設定により、HUGからのメールをお届けできないことがないよう、「hug@j.hokkyodai.ac.jp」からのメールを受信できるように設定をお願いします。

b. 申込書の提出
 仮予約成立から2週間以内に、申込書に必要事項を記入の上、使用責任者が「HUG又は岩見沢校広報・地域連携グループへ持参/ HUGへメール添付/HUGへ郵送」のいずれかの方法で提出してください。
 2週間以内に提出されない場合は、仮予約が取り消しとなります。
 なお、提出にあたっては以下の点を注意してください。

  (1)学生等が使用の際は、指導教員等が使用責任者となること。
  (2)本学が主催する事業の場合は、
     そのことが確認できるもの(例えば開催要項、チラシなど)を提出すること。
  (3)本学が共催する事業の場合「北海道教育大学における名義の使用許可に関する要項」
     に基づき手続きを行い「名義使用許可通知書」の写しを添付すること。
  (4)より多くの幅広い本学の活動を公開するための施設と位置づけているため、
     同一団体や個人が年間多数回利用することを制限する場合があります。
  (5)本学の活動を公開するための施設と位置づけているため、学内利用者を優先し、
     学外利用者の利用できる期間を制限する場合があります。


学内の方でHUGをご利用の方へ
学外の方でHUGをご利用の方へ
c. 本予約(予約の確定)
 予約の確定は、毎月開催の運営会議で、確認・承認の後となります。決定次第連絡します。会議の日程上、承認まで最大1カ月かかる場合がありますのでご了承ください。

d. 施設使用料の支払い
 学外利用者の施設利用に当たっては施設利用料をお支払いいただくこととなります。予約確定の連絡の後、郵送により「使用料支払請求書」をお送りしますので、請求書に記載されている期限内に使用料をお納めください。
3. 連絡先
北海道教育大学 アーツ&スポーツ文化複合施設 HUG
札幌市中央区北1条東2丁目4番地 札幌軟石蔵
窓 口 12:00−20:00(火曜日定休)
E-Mail hug@j.hokkyodai.ac.jp
Tel.   011-300-8989(申込受付はできませんが、相談、問い合わせ等は可能)

【HUG使用にあたっての注意事項・連絡事項】
留意事項等
 ヾ靄椹項
・使用日数は、原則1日〜14日間とします。展覧会などでの使用の場合、月曜日を搬入/搬出とし、会期は水曜日から日曜日までを推奨します。原則以外の使用に関しては別途相談に応じます。
・休館日は火曜日です。
・使用可能時間は12:00〜20:00です。
・HUG職員は時間外の対応ができません。時間外での使用は、施錠できる本学職員が同伴する場合に限ります。準備、後片付け、搬入、搬出、各種レセプションも同様です。
・申込書に記載した内容と異なる使用をする場合は、速やかに申し出てください。

◆―猗や撤去について
・準備及び撤去は使用者が責任を持って行ってください。HUG職員は備品の貸し出しや使用方法の説明は行いますが、準備及び撤去は行いません。
・施設が有する備品等で対応できない場合は事前にご相談下さい。
・運搬や展示等に係わる費用は使用者が負担して下さい。
・梱包材や不用品は持ち帰ってください。ただし、持ち帰ることが困難な場合は事前にご相談下さい。
・使用後は、現状復帰を行ってください。(清掃、道具類の返還等)
・万一、会場及び備品等を破損、滅失などをした際は、弁償していただきます。
・使用者側で発生したゴミは、お持ち帰りください。
・跡が残る可能性があるテープ類も不可です。展示台などの移動で床面に傷がつく可能性もありますので、養生を十分に行い、細心の注意を払って下さい。

 使用期間中の対応について
・使用中は使用者が必ず会場に常駐し、来館者への対応をしてください。
・芳名帳はHUGで用意します。使用終了後、写しをデータでお渡しします。
・イベントや展示の際に、HUG所有の備品を貸し出すことができます。事前に相談ください。(資料 HUG備品等一覧参照のこと)

ぁ|鷦崗譴砲弔い
・専用駐車場がありますが、使用者が占有することは出来ません。1時間を超える利用が見込まれる場合はあらかじめご相談下さい。物品の搬入搬出時も同様です。
・駐車場内の事故に関しましてはくれぐれもご注意願います。特に歩道の通行者に注意してください。事故等の責任は一切負えません。

安全確保について
来館者の安全確保は使用者が十分に配慮してください。施設の不備、過失により事故が起きた場合以外、当施設では責任を負いません。(展示物の落下等による来場者の怪我など)
・当施設として、展示作品等への保険加入などは行っていません。盗難、破損、不慮の事故などの補償は一切できませんのでご留意下さい。必要であれば使用者の判断でイベント保険などの加入を検討して下さい。
・貴重品の管理は使用者が行ってください。万一盗難などの事故が発生しても当施設では責任を負いません。

その他
・本学の活動について地域に周知するため、展覧会や演奏会などの利用での、オープニングレセプションやワークショップ、トークショーなどの実施を推奨します。ただし、酒類の提供を伴う場合は使用責任者又はそれに準ずる人が同席することと、未成年者に対する飲酒の禁止を遵守願います。


広報など
・DM、フライヤー、ポスター等を作成する場合は、発注前の原稿段階でデータを一度提出して、HUG職員のチェックを受けてください。
・DM、フライヤー等を作成した場合、HUG会場設置用に30枚程ご用意ください。
・3週間前までにデータを提出いただければ、HUGホームページ、Facebook、入り口にある大型モニター、その他媒体を使って宣伝をすることができます。
・HUG入り口にある50型モニターにて宣伝用の動画、静止画を流すことができます。(24時間)希望者はHUG職員へご相談ください。(資料 広報に関して参照のこと)
・開催日や会期中、HUG外灯行灯にA3縦2枚の大きさのポスターを入れることが出来ます。搬入当日、印刷物をご用意ください。(資料 広報に関して参照のこと)
禁止事項(2016年4月1日現在)
・利用の承認を得た者が、承認を受けた使用目的以外に使用すること、また、その権利を第三者に転貸および譲渡すること。
・販売行為  
・入場料の徴収
・火器の使用 
・施設への傷を伴う加工。(前出の留意事項等を参照)
・当施設以外の敷地や管理施設への立ち入り。
・貸出場所以外の占有(HUG建物外など)。
・近隣住民に迷惑を及ぼす行為(HUG建物外での音を出す等の行為)。
・危険物や動物(盲導犬を除く)等、HUGの管理運営上好ましくないと思われる物を持ち込む行為。
・喫煙(敷地内禁煙)。
・宿泊等、利用時間外の使用。

※ 承認された内容等を許可なく変更する、あるいは使用に関する留意事項や禁止事項を守らない場合は利用を停止、又は取り消すことがあります。


その他
・不測の事態に備え、責任者の方は常に所在を明らかにし、いつでも連絡がとれるようにしてください。
・非常の場合の避難・誘導をあらかじめ確認してください。
・その他職員の指示に従ってください。
館内図、備品等一覧、ロゴ・地図は以下からダウンロードしてください。