北海道教育大学 芸術課程・スポーツ教育課程 前のページに戻る
i - BOX
i-BOXとは?
現在開催中の展覧会/今後の予定
学生イベント情報
アクセス
リンク
2017年度活動報告
2016年度活動報告
2015年度活動報告
2014年度活動報告
2013年度活動報告
2012年度以前の活動報告
i-BOXの利用について
有明交流プラザの利用について
i - BOXトップへ戻る
北海道教育大学 岩見沢校
2017年度活動報告
カテゴリ一覧表示
□■木工特講授業作品展 木彫り〜熊をモチーフに〜■□
札幌在住の木彫作家・三好純男氏を講師に迎え行われた、集中講義「木工特講」。北海道の伝統的な工芸品である「木彫りの熊」を、学生たちが制作しました。
道産材を用いて、若い感性が生み出した作品群に、来場者からは驚きの声があがりました。


■会 期:2017年8月26日(土)〜9月10日(日)
■時 間:10:00〜17:00
■会 場:北海道教育大学岩見沢校BOX[i-BOX]
■出 品:石黒興子、盒桐Р蝓∈監泉岐、中野里菜、黒澤茉莉、福嶋薫 計6名

■入場無料

■来場者数 254名

拡大画像

拡大画像
□■学生展示企画2017 Part.3 「ぼくの夏休み展」■□
本校美術文化専攻4年生4名による、イラストレーション作品展です。
今回のテーマは夏休み。
初恋、プール、海、森、すいか…
あなたの大事な夏の思い出はなんですか?

 ■会 期:2017年8月11日(金)〜8月24日(木)
 ■時 間:10:00〜17:00
 ■出品者:浅井 菫、内田 侑岐、北川 美鈴、森 遥奈

 ■来場者数:198名

拡大画像

拡大画像
□■「T-Collection vol.5 岩澤孝子 『かわいいタイ』」■□
教員のコレクションを展示する、「T-Collection」シリーズの第5弾。岩澤孝子先生による「タイの民族・舞踊衣装」コレクションを展示致しました。

《前期》「伝統的な柄を楽しむ(7/22〜7/30)」
タイには地方ごとにそれぞれの伝統文様があります。前期展では、北・東北・南・中部から文様が入ったスカート計16点と、北部地方の祭事で登場する架空の生き物「フォーントー」の展示を行いました。
《後期》「神々をかたどる衣装(8/1〜8/9)」
後期展では、金銀に輝くアクセサリーや、舞踊のための小道具、そしてタイに古くより伝わる舞踊で使用されるお面や冠5点を展示致しました。

■会 期:2017年7月22日(土)〜8月9日(木) ※7/31は公開展示入替日
■時 間:10:00〜17:00
■会 場:北海道教育大学岩見沢校BOX[i-BOX]
■監 修:岩澤 孝子
    (北海道教育大学岩見沢校 音楽文化専攻 准教授)
■入場無料

■来場者数 286名


☆関連企画
「タイ舞踊の魅力8〜ファッションショー〜」
毎年夏に大学内i-HALLにて開催してきた「タイ舞踊の魅力8」を、展示に併せてJR岩見沢複合駅社内で開催しました。舞踊の他、岩澤先生によるファッション解説も行われました。

■日 時:2017年8月6日(日)14:00〜15:00
■会 場:JR岩見沢複合駅舎2階 有明交流プラザ センターホール
■入場無料

■来場者数 約90名
前期展「伝統的な柄を楽しむ」
拡大画像
後期展「神々を象る衣装」
拡大画像
i-BOX前には顔はめパネルも登場!
拡大画像
8/6「タイ舞踊の魅力8」のようす
拡大画像
□■学生展示企画2017 Part.2 小松崎笑帆「ひきこ森」■□
本校スポーツ文化専攻アウトドア・ライフコースは、2年次に「野外のフィールド経験」という必修科目が設定されています。この授業は10日間、水道・ガス・電気の無い山の中で生活するという実習です。
本展では、小松崎が撮影した10日間の様子を約8分にまとめた映像と、実習で使用した数々のアウトドア用品を展示しました。

■会 期:2017年7月9日(土)〜7月20日(日)
■時 間:10:00〜17:00
■出品者:小松崎 笑帆(こまつざき えみほ)
 (スポーツ文化専攻 アウトドア・ライフコース 4年)

■来場者数:158名

拡大画像

拡大画像
□■世界の潮流を探る!ビジネストレンド授業成果展■□
芸術・スポーツビジネス専攻3年生の必修授業「ビジネストレンド」では、世界最先端のビジネス情報を肌で感じるために、毎年海外へ巡検を行います。
2016年度の研修先は大韓民国。
現地の漢陽大学での交流事業や文化施設の巡検を中心に6日間を過ごしました。学生たちが現地で感じた「日本と韓国の違い」や是非行ってみてほしい、おススメの施設などをご紹介。市民の皆様やポカテロ市訪問団の皆様に、チマ・チョゴリの試着体験会も行いました。

 ■会 期:2017年6月27日(火)〜7月6日(木)
 ■時 間:10:00〜17:00
 ■監 修:閔 鎭京
    (芸術・スポーツビジネス専攻 芸術文化政策研究室)

 ■来場者数:214名

拡大画像

拡大画像
□■イラストレーション研究室展「○△□」■□
本校に新しく出来たイラストレーション研究室による初の研究室展。
全ての形の基本形であり、それぞれ特徴的な形を持った「○△□」を展覧会名に据え、研究室生が日頃から制作しているイラストレーション23点を展示しました。

 ■会 期:2017年6月10日(土)〜6月25日(日)
 ■時 間:10:00〜17:00
 ■出品者:朝日美羽、北川美鈴、千釜遥香、干場りん、
      小林花恋、小八木、目谷真里奈、村井彩香

 ■来場者数:254名
      (うち団体2件・計68名の見学有)

拡大画像

拡大画像
□■第2回 油彩画研究室授業作品展■□
授業の成果を公開する取り組みの一環として「北海道教育大学岩見沢校第2回油彩画研究室授業作品展」を開催致しました。
前半は世界の神話から任意のテーマを選んで描いた4名の作品、後半は絵画の物質性をテーマに、コラージュや変形キャンバス・偶然性を活かした描写など6点の作品が並びました。

《前期》「世界の神話から」
■会 期:2017年5月13日(土)〜5月25日(木)
■時 間:10:00〜17:00
■会 場:北海道教育大学岩見沢校BOX[i-BOX]
■出 品:浅井菫 津田光太郎 光永江里 森遥奈

■来場者数:173名


《後期》「絵画の物質性」
■会 期:2017年5月27日(土)〜6月8日(木)
■時 間:10:00〜17:00
■会 場:北海道教育大学岩見沢校BOX[i-BOX]・市民ギャラリーA
■出 品:三村紗瑛子 津田光太郎 光永江里
     小松美月 清水優希 出口良太

■来場者数:152名

拡大画像

拡大画像

拡大画像

拡大画像
■□舩岳紘行 マドリガーレ「タンクレーディとクロリンダの戦い」原画展■□
2016年の10月から12月にかけて、北海道教育大学アーツ&スポーツ文化複合施設HUGでは、マドリガーレ「タンクレーディとクロリンダの戦い」が上演されました。公演では、プロジェクター投影と生演奏による手法で、「紙芝居でオペラを鑑る」という実験的な取り組みが行われました。
本展では、公演のために、本校油彩画研究室 舩岳紘行准教授が制作したペン画22点を展示し、実際の上映映像と共にご覧頂きました。

 ■会 期:2017年4月29日(土)〜5月11日(木)
 ■時 間:10:00〜17:00
 ■出品者:舩岳 紘行(ふなおか ひろゆき)
    (北海道教育大学岩見沢校 美術文化専攻 油彩画研究室 准教授)

 ■入場者数:183名

拡大画像

拡大画像
□■北海道教育大学ミュージックキャラバンプロジェクト展■□
道内を舞台に、これまで3回にわたり開催されてきた「北海道教育大学ミュージックキャラバンプロジェクト」を振り返る展覧会です。
会場には3年間の活動写真のほか、実際に学生が使用している楽譜や、実際に触れることができる楽器たちが登場しました。

■会 期:2017年4月18日(火)〜4月27日(木)
■時 間:10:00〜17:00
■監 修:渡部 謙一
 (北海道教育大学岩見沢校 音楽文化専攻金 合奏研究室准教授)

■来場者:107名

☆関連企画

〔襪離潺縫灰鵐機璽
■日 時:2017年4月20日(木)18:00〜19:00
■会 場:JR岩見沢複合駅舎内有明交流プラザ2階センターホール
■入場料:無料
■プログラム:
 18:00〜18:30 フルートカルテット
 18:30〜19:00 金管五重奏
■来場者数:約40名

△昼のミニコンサート
■日 時:2017年4月21日(金)14:00〜15:00
■会 場:JR岩見沢複合駅舎内有明交流プラザ2階センターホール
■入場料:無料
■プログラム:
 ドラゴンクエスト序曲、恋、さんぽ など
■来場者数:約50名

拡大画像
展示室の様子
拡大画像
4月20日(木)夜のコンサートのようす
拡大画像
4月21日(金)昼のコンサートのようす
拡大画像
□■学生展示企画2017 Part.1 安田千皓「大海原の、水しぶき、風が吹く。流れる月、夢のよう、隠れてる。」■□
2017年度の学生企画展示第1弾は、本校映像研究室に所属する安田千皓による、詩と映像の展覧会です。「記憶」をテーマに制作を続ける安田による、過去5年の間に制作された詩篇19編と、映像2点を展示しました。

■会 期:2017年4月2日(日)〜4月16日(日)※4/1は公開制作
■時 間:10:00〜17:00
■出品者:安田 千皓(やすだ ちひろ)
 北海道教育大学岩見沢校 教科教育専攻教育学研究科 映像研究室2年

■来場者数:158名

=============================
■安田 千皓(やすだ ちひろ)プロフィール

1994 静岡県生まれ
2016 北海道教育大学岩見沢校 教科教育専攻教育学研究科 入学
現在は、映像研究室にて映像作品の制作を行っている。

■近年の展覧会
2015「映像研究室展」(札幌市/シアターキノ)
2016「Bor,n,e」(札幌市/北教大アーツ&スポーツ文化複合施設HUG)
  「映像研究室展」(札幌市/ EDiT)
2017「 Taiwan×Hokkaido Art Echibition 2017」(札幌市/ Cafe Akari)
=============================

拡大画像

拡大画像