北海道教育大学 芸術課程・スポーツ教育課程 前のページに戻る
北海道教育大学 映像研究室
最新(2019年度)のNEWS
  2018年度のNEWS
  2017年度のNEWS
  2016年度のNEWS
  2015年度のNEWS
  2014年度のNEWS
  2013年度のNEWS
  2012以前のNEWS
映像研究室について
指導教員紹介
所属学生紹介
関係講義の内容
リンク集
「映像メディア表現」資料ページ
各種連絡(学生向け)
北海道教育大学 映像研究室トップへ戻る
北海道教育大学 岩見沢校
指導教員紹介
カテゴリ一覧表示
●教員紹介●
 
伊藤隆介 (いとうりゅうすけ/ Ryusuke Ito)

美術・映像作家
1963年札幌市生まれ
1988年東京造形大学デザイン学科卒業
1992年The School of The Art Institute of Chicago(シカゴ美術館付属大学)大学院研究科修士課程修了(MFA)
大学美術教育学会、日本映像学会、日本アニメーション学会、日本マンガ学会、北海道デザイン協議会に所属
研究内容:
映像メディアの特性(たとえばフィルムを使う映画の物質性、テレビやビデオのライブ性など)をテーマにした、映像作品やビデオ・インスタレーション(美術館などの展示室全体を使った大型の空間造形や展自作品)を主に制作しています。作品は米国ブラックマライア映画祭、日本のイメージフォーラムフェスティバルなどで受賞、各地で上映されています。
また、1980年代より「村雨ケンジ」名義で「ザ・テレビジョン」(角川書店)、「コミックボックス」(ふゅーじょんぷろだくと)、「モデルグラフィックス」(大日本絵画)等の雑誌でコミック・アニメ評論を多数執筆しています。

上記画像は伊藤作品から。右から、ビデオ・インスタレーション「Time Flies」、「Realistic Virtuality」、映像作品「ゴダールの映画」、「Plate」